お雛様と桃の花を折り紙で!切り紙の作り方やひな祭り飾りも

P1000618

桃の花や雛人形を折り紙で作ってみましょう。華やかで楽しいですし、ひな祭りのパーティーの飾りにつかったりすることもできます。

お雛様と桃の花は折り紙でできる??
桃の花を切り花で作れるの?
ひな祭りの飾り付けを折り紙で作れる?

と言った疑問にお答えしていきます。

スポンサードリンク

お雛様と桃の花を折り紙で作ろう

折り紙で桃の花を作れると、春らしくてステキですね。
桃の花だとひな祭りの飾り付けにも使えます。

桃の花を折り紙で作る方法はありますが折って作る方法と、紙を切って作る方法がありました。

まずは折り紙を折って作る方法です。
一見難しそうですが、難しくはありません。小さな折り紙のほうが可愛くできるので、小さめ折り紙で作ってみてはどうでしょう。
7.5センチの折り紙で作ってみました。

P1000626

こちらを参考にさせていただきました
桃の花の折り方

この桃の花ですが小さい子供にはむずかしいかもしれませんが、切るところを失敗しなければ簡単にできます。通常は人形も花も難しくないので多分誰でも大丈夫だと思います。

せっかくなので雛人形も作ってみました。
雛人形と桃の花と両方あるとひな祭りらしさが出てきますね。

P1000624

お雛様の折り方は以前こちらの記事で紹介していますので参考にしてください。
折り紙の雛人形の作り方  

桃の花の切り紙の作り方

桃の花の切り紙ですが、こちらも7.5センチのもので作ってみました。

P1000614

切り紙のつくりかたは簡単で、慣れるとひとつ作るのに1分くらいです。
ピンクの濃淡で作ってみたり、大きさを変えて作ってみたり、いろいろできそうな感じです。

桃の花のコースターの作り方

こちらの作り方だとひとつ花を作って折り紙に下書きするようになっています。でも直接折り紙を折って切ったほうが簡単だし早くできますよ。
折り方は一度覚えればすぐに出来ると思います。

スポンサードリンク

ちなみに桃の花は花びらが尖っています。花びらを丸くすれば梅の花、花びらの先端に切り込みを入れると桜の花になります。この作り方は応用が効くので覚えておくと便利です。

桃の花はやっぱりピンクで作ると明るい春の感じになって雰囲気が出ます。
濃いピンクでも薄いピンクでもどちらでも可愛くできそうですね。

ひな祭りの飾り付けを折り紙で

ひな祭りの飾り付けを折り紙で作ってみましょう。
せっかく桃の花を作ったのでそれを素敵に飾ってみましょう。

そのまま壁に貼り付けても可愛いと思いますが、リースにしてみてはどうでしょうか?

折り紙でシンプルなリースを作ってそこに桃の花を貼り付けて桃のリースを作ります。

リースの作り方はこちら参考にしてみてください。

桃の花の色にもよりますが、多色使いせず2色くらいの色で作ったリースのほうが花が目立って良いんじゃないかと思います。

お花なのでリースをブラウン系にすると落ち着く色になりますね。色の馴染みもいいと思います。
濃い茶色と薄い茶色のツートンで作ってもおしゃれですし、もちろん一色で作っても落ち着いて花が目立っていいと思います。
グリーンのリースにしても春らしくて良さそうです。

桃の花は切り紙の桃のほうが作り方も簡単で平面で貼りやすいのでおすすめです。
花の大きさを変えて作ってもすごくおしゃれです。

ひな祭りの飾り付けはこちらの写真も参考にしてくださいね。
ひな祭りの折り紙での飾り付け写真 

まとめ

桃の花と雛人形の折り紙があるとひな祭りの雰囲気がぐんと大きくなりますね。
小さなお子さんがいると人形を壊されないかと心配になってしまいますが、これなら安心して遊ばせることができますね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です