2016年の東京の桜の開花予想と見頃はいつ?いつまでもつの?

sak0096-044

桜の花の開花宣言を聞くと春がやってきたという実感がわいてきます。
さくらは春を感じさせてくれる花のひとつで日本全国に見応えのある「名木」がたくさんあります。

2016年の東京の桜の開花予想は?
東京の桜の見頃はいつごろ?
桜はいつまでもつの?

と言った疑問にお答えしていきます。

スポンサードリンク

2016年の東京の桜の開花予想

2016年東京の桜の開花予想日は3月21日です。
春分の日の振替休日になりますね。

昨年の桜の開花は3月23日だったのですがそれより早くなりそうです。
今年はこのまま行けば東京の桜は平年に比べて早く開花する予想です。

早い開花は今年の冬が暖冬だったということが影響しているようです。
今年の冬は12月中は暖冬で、さらに3月に入ってからも気温が高くなっています。

3月中旬は多少の気温のゆらぎはあるようですが、暖かい日も多くなる予想です。

2月の気温が低くて寒かったので暖冬というイメージはありませんでしたが、確かに12月はそれほど寒くなかったかもしれませんね。
関東では3月以降の気温が高くなりそうということなので、日本で一番早い桜の開花をみることができるかもしれません。
3月、4月と暖かくなるようですので、春の訪れを早めに感じることができそうです。

桜の開花予想について
桜の開花予想は気象庁の他に民間3社が発表していて、この予想はウェザーニュースの開花予想日です。
日本気象協会とウェザーマップの予想とは数日違っている可能性があるのでご了承ください。
ウェザーニュースは観測スポットで予測しているのですが、東京の観測スポットは「靖国神社」の桜です。
気象庁は靖国神社の「標本木」で予想しており、他の民間2社もそれにもとづいた予想をしています。
標本木の花が5~6輪開いた状態で開花宣言を出すことが多いようです。

スポンサードリンク

東京の桜の見頃はいつごろ?

東京の桜の満開日予想は3月の28日です。
満開日の前後2日ほどがとくに見応えがある「見頃」になります。

開花予想が3月21日ならその週の土日は見頃なんじゃないでしょうか。

桜(ソメイヨシノ)は開花からおよそ7日で満開日になると言われています。
満開と言うのは全体の約80%が咲いている状態のことをいうようです。

この時期は学校の春休みの時期になりますよね。
家族で桜を見に公園や桜並木に出掛けてみてはどうでしょうか。

うららかな春の日差しにゆらめく薄ピンクの満開の桜はキレイで見ていて飽きません。
この時期しか楽しめない桜の見頃は見逃さないようにしっかりチェックしておきましょう。

桜はいつまでもつの?

できるだけ長い期間桜を見たいけれど、そもそも桜はどのくらいの期間咲いているものなんでしょうか?
何日くらい咲いていて、いつまでもつんでしょうか?

桜は花が満開になってから約1週間で散ってしまうことが多いそうです。

その間に雨が降ってしまうと当然ながら早く散ってしまうので保ちません。
満開の後に気温が低くなると花の成長は遅れるので長く花が咲いています。

いわゆる「花冷え」と言われる、さくらが咲いているのにものすごく寒くなることがありますよね。
あの花冷えがおこって、雨や強風の天気がなければ長く花が咲いているということです。

自然が相手なのでコントロールすることはできませんし、そういった気温や天気に左右されてしまうのは仕方がありません。

ということは・・・2016年の桜は満開の予想が3月28日です。
そこから1週間花が咲いているとして4月4日くらいまでは保つのではないかと思われます。

花冷えがおこって雨がふらなければもうちょっと楽しめそうですが、こればかりはわかりませんよね。
入学式には葉桜になってしまっているでしょうが、少しでも残っていると良いなと思います。

この満開予想は観測スポットの靖国神社のさくらです。
そこよりも気温が低い場所だと数日の違いはあるはずです。

同じ都内でも地形や環境で気温が違っていることはありますので、もう少し長くもつこともあるかもしれません。
地元の桜の名所をチェックしてみてくださいね。

まとめ

今年の東京の桜は平年よりはやや早いようです。さらにもしかしたら日本で一番早いさくらの開花宣言が聞けるかもしれません。
春の楽しみはいろいろありますが、さくらの花も楽しみのひとつですね。
今年はどこに桜を見に行きましょうか・・・

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です