ゴルフの服装のマナー 男性のジャケットやドレスコードについて

a1790_000017

ゴルフをするにはマナーを守ることが大事です。コースを廻る時のマナーやクラブハウスでのマナーなどいろいろありますが、服装についてもマナーというのがあります。知らないと恥ずかしい思いをしますし、下手をすると出入り禁止になることもあります。

ゴルフの服装マナーで男性の場合は?
ゴルフマナーでジャケットは必要?
ゴルフマナーのドレスコードとは?

と言った疑問にお答えしていきます。

スポンサードリンク

ゴルフの服装のマナー 男性の場合

ゴルフ場は服装のマナーが決められています。
おおよそのことは知っている人も多いと思いますが、ちょっと判断に迷うこともありますよね。

マナーを踏まえて男性のゴルフの服装について考えていきましょう。

まずは基本として「襟のある服装」「シャツの裾はズボンの中に入れる」と言うのはご存じの方がほとんどだと思います。
つまりTシャツ、トレーナーなどの襟なしはダメということです。タートルネックなどのハイネックのものはOKです。

つまりふつうのポロシャツとかスポーツシャツなどがいちばん良いということですね。動きやすさを考えて伸縮性のある素材のものがいいでしょう。

そしてそのシャツの裾を出すのはダメなので、きちんとズボンの中に入れて着るようにしましょう。女性はデザインによってオーバーシャツもアリですが、男性は禁止なので気をつけましょう。

ゴルフ場によってなのですが、半袖シャツの下に長袖シャツを着るのを禁止しているところもあります。
具体的にはちょっと寒いからと下に機能性のアンダーシャツを着てその上に半袖ポロシャツを着るというようなことです。

ファッション的にそういった着方もあるでしょうが、ゴルフファッションは基本的にはクラシックスタイルが定番です。
そういった着方がポピュラーになれば変わるかもしれませんが今のところはやめておきましょう。
上に長袖のシャツを着て見えないようにすれば問題ありません。

次にゴルフパンツについてですが、普通のチノパンやゴルフ用のものならOKです。

禁止されているのは「ジーンズやジーンズ生地のもの」「短すぎる半ズボン」「カーゴパンツ」などです。
「迷彩柄パンツ」や「7分丈のパンツ(クロップドパンツ)」が禁止されていることもあります。

基本的にゴルフは作業着や仕事着がダメなようです、もともとジーンズやカーゴパンツは作業着のひとつですからね。
どんなにおしゃれなデザインであってもジーンズ生地のものはやめておきましょう。

ハーフパンツはある程度の長さのものなら大丈夫ですが、ハイソックスを履くことが条件になっている場合も多いです。靴下はくるぶしが隠れればいいというところもありますが、短いソックスとの組み合わせは禁止が多いです。
ハイソックスも白や紺などの単色かアーガイルのものと決められていたりします。

ハーフパンツは夏限定の服装だと思いますが、普通にゴルフショップで売っているタイプなら問題ないと思います。プールサイドと同じような格好はダメということなんじゃないでしょうか。

あとはタオルを首にかけてプレーするのを禁止しているコースも有ります。
帽子も義務付けられていることがあるのでそういったことはチェックしておきましょう。

プレーするときの服装はこんなマナーですが、来場するときの服装のマナーもしっかりあります。

クラブハウス内はジャケットやブレザーが必要だということも多いです。

またジーンズはもちろんジャージ、サンダルもダメです。
スニーカーや運動靴が禁止されていることもあります。

ゴルフ場によってかなり違いがあるのでわからなければゴルフ場に聞いてみるのがいちばんはやいです。

スポンサードリンク

ゴルフマナーでジャケットは必要?

ゴルフ場に行くときはジャケットが必要だということを良く聞きます。
ジャケットがないとクラブハウスに入れないのかな・・・と考えてしまいますよね。

ゴルフ場の規則によりますのでジャケットが必要と言われているなら必要です。
ジャケットはプレイ中は着ませんが、クラブハウスに入るときには必ず着ることになっているゴルフ場もあります。
そのゴルフ場によって規則が違うのでそれにしたがうということですね。

一般的に格式のあるゴルフ場はジャケットは必要、カジュアルなところはそれほどうるさくありません。でもうるさくなくても持っていたほうが安心だとは思います。

厳密には着ていなくて手に持っていれば大丈夫です。
ユニクロや量販店のジャケットでもちろん充分です。

7,8月の暑い時期はジャケット無しでも大丈夫なコースも多いですが、ゴルフ場に聞いたほうがいいですね。

大抵はプレイするときの服装の上にジャケットを羽織ってクラブハウスに入り受付するという流れになると思います。
レストハウスに入る時もジャケット着用と書かれているところもありますが、そこまで厳密にうるさいことは少ないと思います。

一緒にいく人が会員ならその人に確認するか、直接コースに電話で聞いてみると教えてくれますよ。

ちなみにジャケットはブレザーはOKですがジャンパーはダメです。
革ジャンはダメですが革のテーラードジャケットなら大丈夫というように形で決められているのでその点だけ注意してください。
ただしジーンズ生地はジャケットの形でも素材でNGです。

ゴルフマナーとドレスコードについて

ゴルフの場合は服装もマナーのひとつとして決められています。
ドレスコードを守らないと注意されますし、あまりひどいときはお断りされてしまいます。

マナーというのは回りの人に不快感をあたえないための気遣いです。常識的な思いやりと考えればしっくり来るかと思います。
ドレスコードもそういった回りへの気遣いとして不快感を与えない服装と考えましょう。

ビジター受け入れをしているゴルフ場にはラフな服装の人もけっこういます、でもホントはそれってマナー違反なんです。
ジーンズ禁止と聞いていたけどはいてる人がいたから大丈夫なのかな・・・とは考えないでくださいね。

よく言われることですがゴルフのクラブハウスはホテルのフロントと同じように考えるといいということです。
きちんとした品格のあるホテルに行くときははサンダル履きでは行きませんよね、ジャージでは行きませんよね、そういうことです。

ゴルフについての記事はこちらにまとめてあります。
ゴルフについての記事一覧まとめ

まとめ

ゴルフの裾野が広がって今は庶民的なスポーツのひとつにになってきました。だからといって何をしてもいいわけではありません。
ゴルフはファッションも楽しみのひとつですので基本的なマナーを守って楽しくゴルフしましょうね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です