エアコン掃除のやり方 スプレーはどう?業者にお願いする?

eakon_souji

エアコンの使用頻度が高いという人も多いと思いますが、以外にちゃんとお手入れをしていないという人も多いのではないでしょうか。
エアコンのお手入れやお掃除はきちんとやっていますか?

エアコン掃除のやり方はどうすればいい?
エアコン掃除にスプレーを使うのは?
エアコン掃除は業者にお願いした方がいい?

と言った疑問にお答えしていきます。

スポンサードリンク

エアコン掃除のやり方

夏の冷房、冬の暖房、梅雨時期のドライなど、一年中フル稼働しているエアコンも多いんじゃないでしょうか。
エアコンがないととても夏をこすことができないという方も多いと思います。

いつもお世話になっているエアコンですが、きちんとお手入れはできていますか?
とりあえず自分でできるエアコン掃除はできるだけやるようにしましょう。

すぐにできるところといえば「フィルター」でしょう。
フィルター掃除は週に1回はした方がいいと言われています。

フィルターは吸い込み部分からはいったホコリなどを受け止めているところなので、ここを綺麗にしておくと清潔な空気になりますね。
さらに空気の吸い込みに力を使わなくていいので電気代の節約になります。

フィルター掃除の仕方はあまり汚れていなければ掃除機でホコリを吸い取ればそれで大丈夫です。
週に一度はフィルター掃除をしているという人ならそれほど汚れていないのではないかと思います。

しばらくフィルター掃除をしていなかったという場合は水洗いをしましょう。
水でホコリを洗い流せば良いのですが、汚れがこびりついている場合は中性洗剤を薄めて洗いましょう。

ゴシゴシこするとフィルターが痛むので優しく汚れを落とすようにしてくださいね。

水洗いした場合は乾燥させてからエアコンに付けてください。できれば陰干しのほうが傷まなくていいでしょう。

注意点 お掃除機能が付いているものは基本はフィルター掃除しなくていいですが、細かい埃が付いているときははずして洗ったほうが良いでしょう。
ちょっと外しにくいので気をつけてください。
お掃除機能がついたエアコンでダストボックスが付いているタイプのものは、2~3年に一度は掃除した方が安心ですよ。(←実体験です)

フィルターを掃除したら、回りを拭いてホコリを取りましょう。
エアコンは特にホコリが目立ちますからね。

あと簡単に掃除できるのは室外機でしょうか。
回りの汚れを雑巾で拭いて、樹の葉とかを落として綺麗にしましょう。
室外機の回りにモノをおくとエアコンの放熱が悪くなることがあるので気をつけてくださいね。

エアコン掃除にもう少し手間を掛けられるという場合はパネルをはずして中を掃除してみましょう。

冷却フィン送風ファンを掃除できるとものすごく綺麗になります。

内部のところを掃除機でよく吸い取り、のこったホコリ等を竹ひごなどに布を巻いて掃除すると良いでしょう。

熱交換器のフィンの部分は衝撃に弱いのであまり強く掃除しないほうが良いです。
冷却フィンというのはギザギザになっている部分のことで、ここで熱交換をしています。
この部分が綺麗になるとエアコンの効率がぐんと良くなります。

送風ファンは水洗いしても大丈夫なので、可能ならホースで水を流すか、霧吹きで水を吹き付けると良いかもしれません。

カバーをはずして掃除をするときは電源プラグは抜いてから行ってくださいね。

スポンサードリンク

エアコン掃除にスプレーは?

エアコン掃除に使うスプレー状のものが売っていますが、あれはどうなんでしょうか?
ホームセンター等でエアコンクリーナーという名前で売っていることが多いと思います。

実はあのエアコンクリーナーについては賛否両論出ています。
プロのエアコン掃除の方はあまりおすすめしていないようですね。

その理由の言うのが「汚れが完全には落ちない」、そのために「エアコン内部に汚れがつまる」ということがあるそうです。
エアコン内部に詰まった汚れで排水のためのドレーンが詰まってしまうと水漏れを起こします。

さらに内部に詰まったホコリや汚れによってカビや悪臭が発生してしまうことがあるようです。
汚れを取るための掃除が余計に中を汚す原因になるということですね。

そしていちばんの問題はクリーナーの洗浄剤をかけてはいけないところにかけてしまい、エアコン自体が故障して動かなくなってしまうことがあるんだそうです。
たしかに素人にはどこが大丈夫な部分でどこが気をつけなきゃならない所かはわかりづらいかもしれません。

つまり洗浄剤を使う人によって違いがあるということなんでしょう。
きちんと説明書通りに使って洗浄剤が残らないように使用すればそれなりに大丈夫なんだと思います。

だとしたらクリーナーもできるだけ安全な成分のものを使ったほうが安心でしょう。
たとえばこれは成分も安全でサビが発生しないみたいです。

ちなみに冷却フィンのクリーナーと送風ファンのクリーナーは別になっていることがあるので気をつけてくださいね。

エアコン掃除は業者にお願い?

エアコン掃除を自分でやるのに限界があると感じたら、専門業者にお願いした方がいいでしょう。
かび臭いとかホコリの臭がする場合は考えたほうが良いかもしれません。

業者にお願いする場合ですが、エアコン掃除は「お掃除専門業者」と「電気店」のどちらかにお願いすることになります。

エアコンを分解して掃除するのは「家電店」です。

自分で掃除できない部分というのは熱交換器の部分だと思います。表側の見える部分はやろうと思うとそれなりにできるのですが、じつは問題は裏側だったりします。

熱交換器の裏側は取り外して掃除しないとほんとうの意味では綺麗にならないこともあります。
取り外し、分解するには専門知識のある電気屋さんが一番安心と言われています。

お掃除専門業者さんはピンキリで、ものすごく丁寧に掃除してくれる人もいれば、素人に毛が生えた程度の人もいますので当たり外れがあります。
でもちゃんとプロ仕事してくれるならほんとに綺麗になります。

数年に一度プロの業者さんにお願いするのも良いんじゃないかと思います。

まとめ

綺麗に掃除したエアコンの空気はすっきりして効きも良くなって言うことありません。
日ごろ自分でできる掃除をきちんとして、イザとなったらプロにお願いすると考えておくと良いのかもしれません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です