ガーデニング初心者でも育てやすい花 夏の花は?必要な物は?

57273ce4bcd8cdbedae184a8b67a20aa_s

ガーデニングに挑戦してみたいけど何を育てれば失敗が少ないのかわからないと不安です。
ステキな花を育ててみたい、花を咲かせてみたいと思っても、やり方がわからないとすぐダメにしてしまいそうですよね。

ガーデニングの初心者でも育てやすい花は?
ガーデニング初心者でも大丈夫な夏の花は?
ガーデニング初心者に必要な物は?

と言った疑問にお答えしていきます。

スポンサードリンク

ガーデニングの初心者でも育てやすい花

ガーデニングで育てる花と言っても種類によって難しい物や簡単なものがあると思います。
ガーデニングをはじめたばかりの初心者でも失敗することの少ない育てやすい花はなんでしょうか?

最初から手が掛かる難しい物を育てると大変なので、丈夫で難しい手入れがいらないものを選びましょう。
慣れてきたら好きなモノを育てれば良いと思います。

マリーゴールド
afaeef83a5b913fa62aa4d31ccf7059a_s
春から初秋まで長い期間咲いて楽しめせてくれる花です。根っこの部分には虫を寄せ付けない効果があり、害虫対策として他の花と一緒に植えるととても良いですね。
ポットで植えてもいいですが種を撒いても発芽率が高くて育ちやすい植物です。

花色   : 黄色、白、オレンジ、赤など
開花時期 : 6~11月
植付時期 : 3~6月

すずらん
a1180_004873
じつはものすごく管理が簡単でほとんど手入れが不要です。一度植えておけばあとはお手入れというものはほとんど必要ありません。水やりが必要なくらいであとは勝手に毎年咲いてくれます。
日当たりがいいところよりは半日陰くらいのところのほうが元気な気がします。
白くて可愛い花が咲くのでお花の時期はとても楽しみですよ。
注意点としてはすずらんには毒があるのでペットや小さいお子さんがいる時は気をつけてくださいね。

花色   : 白
開花時期 : 3~6月
植付時期 : 11~12月、3月

日々草
57273ce4bcd8cdbedae184a8b67a20aa_s
春から秋まで長く咲き、虫がつきにくい丈夫な花なので育てやすいです。乾燥にも強い日差しにも耐えるので夏の暑さも乗り越えてくれます。やや多湿に弱いので土の表面が乾いてから水やりするようにしましょう。
一株が大きく育つので初心者でも立派に育って楽しいです。枝が伸びたら切り戻しするともう一度花が咲くこともあります。肥料をきちんとあげるととにかく花が毎日のように咲きます!

花色   : 赤、白、ピンクなど
開花時期 : 6~10月
植付時期 : 4~8月

ビオラ
a304526caa509c826874b2ce201fd1bc_s
すみれの一種ですが小型のかわいい花が咲きます。ほぼお手入れをしなくてもきちんと育ってくれる丈夫な植物です。
寒くなってから植えて秋から春まで花を咲かせてくれます。色の種類も豊富で選ぶのに困ってしまうくらいですね。
水はけの良い日当たりのいいところに植えると元気に育ってくれます。

花色   : 白、ピンク、紫、オレンジ、赤、黒、青など
開花時期 : 10~5月
植付時期 : 10~12月

スポンサードリンク

ガーデニング初心者でも大丈夫な夏の花

夏は気温が高くて土も乾燥しやすいというきびしい季節です。

暑さに強い種類の夏の植物なら初心者でも育てやすい気がします。
比較的暑さに強い夏の花はどんなものがあるのでしょうか?

ジニア
jinia
ジニアは百日草ともいわれて高温多湿の夏の気候にも耐えて育てやすい夏の花です。大型・小型の種類が豊富でいろいろな色があるのでそういった意味でも楽しめます。ジニアプローションは小さく可愛くて、価格も安くて、育てやすいと三拍子揃ってます。
色が豊富なのでつい多色使いで植えたくなりますが、まとまりがあったほうが見栄えがしますよ。

花色   : ピンク、オレンジ、黄色、白など
開花時期 : 6~11月
植付時期 : 4~6月

アメリカンブルー(エボルブルス)
10131928_5079425e45a81
暑さに強いので夏のガーデニングにぴったりです。丈が長くなるのでハンギングバスケットにしてもステキですね。茎が長くなって形が悪くなったら切り戻すといいですよ。
開花時期が長いのでずっと楽しめる植物です。寒さに弱いので冬は室内で育てると上手く行けば翌年も楽しめます。

花色   : 青 
開花時期 : 5~11月
植付時期 : 4~6月

ガーデニング初心者に必要な物は?

ガーデニングに必要な道具やグッズはどんなものがあるんでしょうか。初心者がまず揃えたほうが良い用具類はどんなものでしょう?

まず揃えたほうが良い基本的な道具類です。

シャベル、園芸用グローブ、ジョウロ、園芸用ハサミ
と言ったところでしょう。

シャベルは幅が広めのものと狭いものと両方あると便利です。剣先が狭いものは寄せ植えや植え替えの時に細かい仕事がやりやすいです。重すぎると使いづらいので軽めのもので、手に馴染みやすい物を選びましょう。

植木鉢ではなく広い庭をガーデニングしたいなら大きめのスコップもあったほうが楽になります。

園芸は土や石を触りますし、植物の蔓や葉っぱを手入れする時に怪我をしないようにグローブはあったほうが良いでしょう。
最初は軍手でもかまいませんが専用のグローブのほうが使いやすいです。

ジョウロは蓮口(はすくち)と言われる部分が取り外せるものを選びましょう。
広い所や全体に水をまきたいときは蓮口が必要ですし、植木鉢など狭いところに水やりするときは蓮口を外したほうが水やりしやすいです。
葉っぱに水をかけたほうが良い場合は霧吹きもあったほうが良いかもしれません。

ハサミは伸びすぎた葉っぱ・茎などを選定したり蔓を切ったり意外と使うことが多いです。植物を切るためには専用のハサミがあったほうが良いです。

庭でのガーデニングだったらシューズや日除け帽子なども必要でしょう。ベランダガーデニングでも汚れ防止にエプロンくらいはあったほうが良いかもしれません。

関連記事
ベランダガーデニングで育てやすいのは

まとめ

ガーデニングも慣れてくれば色とか花の高さとかを考えてステキな寄せ植えとかできそうですね。
最初から広い範囲をガーデニングしようとしても途方にくれてしまいますので、プランターを幾つか並べるところからはじめて見ると良いんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です