ベランダガーデニングで育てやすいのは?風が強い!日当たりは?

a0070_000150

殺風景なベランダにちょっとした植物があったらそれだけで気分が変わりそうな気がします。
ベランダでガーデニングしたいと思っている方も多いと思いますがどういったことに気をつければ良いのでしょうか?
ベランダでのガーデニングのコツのようなものがあれば知りたいですよね。

ベランダガーデニングで育てやすいものは?
ベランダガーデニングで風が強い場合は?
ベランダガーデニングの日当たりについては?

と言った疑問にお答えしていきます。

スポンサードリンク

ベランダガーデニングで育てやすいものは

マンションやアパートのベランダでなにか植物を育てられたら楽しいですよね。
地植えじゃ無いから制限はあるでしょうが、その制限の中でいかに楽しんで育てるかを考えて楽しんで育ててください。

ベランダ園芸は「日当たり」「風対策」といったことを考えていきましょう。

日当たりが悪くて半日陰だったり、逆に直射日光がガンガンあたって温度が上がってしまうこともあります。西日があたると環境的にはきついです。
風が強いと土が乾燥しやすいのでそういったことも気をつけたいですね。

では育てやすい植物はどんなものがあるんでしょうか?

暑さと高温に強い植物

南向きのベランダにおすすめの乾燥に強く暑さと高温に強い植物です。

ペチュニア
_shared_img_thumb_HAW75_pecyuniakadan_TP_V

ペチュニアは初夏から秋にかけて花を咲かせるので長い期間楽しむことができます。
暑さに強い植物なので日当たりの良いベランダに向いています。さらに多湿に弱くて直接雨に当たらない軒下などが向いているので、上階があるベランダでの栽培にぴったりです。土が乾いたら水をたっぷりあげれば大丈夫です。
花がら摘みと伸びすぎた茎を剪定すると長い期間花が咲きます。追肥もあったほうが良いので週一回ほど水に混ぜるタイプの液体肥料をあげるといいですね。
苗は梅雨前に植えてください。花色や形のバリエーションが豊富なので好みのものを見つけて組み合わせても楽しいですね。

他に暑さと高温に強い植物は「ケイトウ」「ひまわり」「マツバボタン」などがあります。

乾燥に強い植物

高層階で風が強くて乾燥しやすい場合は乾燥に強い多肉植物や花木なども良いでしょう。

オリーブ
olives-352756_640

オリーブは乾燥に強く過湿に弱い植物、風通しが悪いところが苦手なので高層階のベランダでも比較的育てやすい木です。水やりは鉢の下部まで乾いたらたっぷりとあげるようにしてください、多湿は根腐を起こしやすいです。
5~6年上手く育てられるとオリーブの花が咲きますので、頑張って育ててみてはどうでしょう。白くて小さなかわいい花です。
複数本育てていて上手く受粉すると実がなることもあります。

他に乾燥に強い植物は「コニファー」「クリスマスローズ」などです。

半日陰で育てやすい植物

半日陰で育てやすい植物は1日数時間の日当たりがあればなんとか育ちます。種類によっては北向きベランダでもなんとか育つ可能性があります。

あじさい
a0070_000150

半日陰でも育ちやすい植物です。水はたくさん必要なので水やりを忘れないように気をつけてください。夏の乾燥がひどいと枯れてしまうことがあります。
あじさいの花を楽しむには上手に剪定することは必要かもしれません。
庭で大きく育てられるなら毎年剪定しなくても良いのですが、鉢で育てる場合は大きさを一定に保つために毎年剪定したほうが良いでしょう。花が終わったら今年伸びた枝を切ってしまっても大丈夫です。

他に半日陰でも育ちやすい植物は「アイビー」「ヤブラン」「アスチルベ」などがあります。

スポンサードリンク

ベランダガーデニングで風が強い場合は

ベランダでのガーデニングで問題になることはいくつかありますが、風については考えておいたほうがいいですね。
特に高層階のベランダは風が強いのでそういった対策は必要です。

まず大事なことはベランダに置いたものが吹き飛ばされないように対策をするということです。
他のお宅に迷惑をかけてしまうかもしれないし、もし下に落ちたらヘタすると怪我させてしまうかもしれません。

風よけのネットがあるのでそういうのは使ったほうが良いかもしれません。
防風ネット自体もきちんと固定しないと風で飛ばされてしまうので気をつけて。

手摺部分にしっかりと固定しましょう。

もうちょっとおしゃれにしたいなら木製のルーバーラティスなどはどうでしょうか。
見た目もステキで日差し対策、風対策になります。

特に角部屋の角の部分はこれでしっかりと覆うと違いますよ。
もちろんしっかり固定して飛ばされないようにしてください。

植物のハンギングは風があると危ないのでしっかり固定しておきましょう。背丈のない植物のほうが良いかもしれません。
台風や突風の時は室内に入れておくか隅に寄せてネットで覆って固定しておきましょう。

園芸業者さんが使うバレットがホームセンターに売っているのでそこに並べておくと移動しやすいです。

あとはエアコンの室外機の風が直接当たるところは植物に取っては過酷なのでやめておきましょう。

ベランダガーデニングの日当たりについて

ベランダガーデニングで問題になることとして日当たりがあげられます。

これは「日当たりが悪い」という問題と「日当たりが良すぎる」という真逆の悩みがありますよね。
どちらも困った問題ですがそれぞれに対処の仕方はあると思います。

日当たりが悪い北向きのベランダでも明るさは確保できていることが多いと思います。
一日のうちで数時間は日が当たるけどあとは日陰になるという場合も半日陰と考えていいでしょう。

そういった場所では半日陰で育てやすい植物を選ぶと育つかもしれません。

アイビーなどは明るさがあればそれなりに育ちますし、暑さ寒さに強いのでベランダでも育てやすい観賞植物です。種類もいろいろあるので好みの葉っぱを探してみてはどうでしょう。

日当たりが良すぎるベランダでは暑さに強い植物がベストです。
半日しか日が当たらなくても西日だと気温が上がりやすくなりますので気をつけてください。

高温に強いハーブなどどうでしょうか。お料理にも使えて楽しいですよ。
ローズマリー、ミントなどは育てやすいかもしれません。

関連記事
ガーデニング初心者でも育てやすい花

まとめ

ベランダは植物にとっては過酷な環境であることが多いので、いかに快適な環境に近づけられるかが大事です。
上手に植物が育つかどうかは良い環境を作り出せるかどうかが大きいですね。
ベランダガーデニングで癒やしの空間が作り出せるように頑張ってみましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です