葛飾納涼花火大会2016 アクセスは?おすすめスポットは?

fireworks_00062

葛飾区の柴又の花火大会は今年でなんと50回目になるんだそうです!
50回目を記念していつもより濃い花火大会になりそうな予感です。
楽しみですね。

葛飾納涼花火大会2016年の日程などは?
葛飾納涼花火大会のアクセスは?
葛飾納涼花火大会のおすすめスポットは?

と言った疑問にお答えしていきます。

スポンサードリンク

葛飾納涼花火大会 2016年

平成28年度 第50回葛飾納涼花火大会

日にち  : 平成28年7月26日(火)

時間   : 午後7時20分~8時30分

※荒天の場合は翌日順延、翌日も荒天の場合は中止

会場   : 葛飾区柴又 江戸川河川敷野球場
       
打ち上げ予定 約15,000発

葛飾区公式サイト

昨年の花火大会の様子です

葛飾区の花火大会は大きな花火をどんと上げるというより、小ぶりな花火が数多くどんどん上がるのでものすごく楽しいです。
なんといっても1時間ちょっとで15000発上げるんですからね!

会場もコンパクトなので他の花火大会より目の前で見られる臨場感をしっかり感じます。

スポンサードリンク

葛飾納涼花火大会のアクセスについて

会場に一番近い駅は京成金町線の「柴又駅」です。

柴又駅を降りると目の前に寅さんの銅像があり、すぐに柴又帝釈天の参道になっています。参道はそれほど広いという感じではありませんのでかなり混雑します。

柴又駅から会場までは混んでいなければ10分くらいではないかと思います。
ただし花火大会の日は人出が多くなっているので3~4倍の時間がかかると思ってください。3~40分かかります。

時間の余裕があって早めに行けるなら柴又駅を利用するのもいいと思いますが、混雑が不安なら違う駅を利用した方がいいですね。
個人的には3駅しかない京成金町線はローカルな雰囲気がとても好きなのですが・・・
花火のときは臨時列車はでますが4両編成の電車ですからね、帰りもものすごく混んでいます。

JR「金町駅」か、もしくは北総線の「新柴又駅」がいいでしょう。高砂駅からでも行けると思いますがちょっと遠いかもしれません。
金町駅からでも30分以内で行けると思いますし、新柴又駅からだったらたぶん20分くらいでしょうか。

いつもに比べれば混んできますが柴又駅に比べればそうでもありません。

余裕を持って見たければ遅くとも6時くらいには着いていたほうが良いんじゃないかと思います。

葛飾区の方は混雑するので対岸の松戸市に行こうという場合は、金町駅で下りて6号国道を歩いて橋を渡れば30分ほどで行けるんじゃないでしょうか。

柴又駅は激混みですが近くの駅はどちらにしても混んでいます。これはしょうがないと思ってください。
でも会場の近くは探せばゆったり見られるところもたくさんあるので、花火自体は楽しめますよ。

遠方から行きたいという場合は車を近くに止めることは無理だと思うので、松戸か高砂でどこか止められるところを探したほうがいいですね。
柴又街道は交通規制がかかるのでものすごく混雑します。

花火大会に持って行ったほうがいいものはこちらの記事を参考にしてください。
花火大会に便利な持ち物

葛飾納涼花火大会のおすすめスポット

花火は近くじゃなければどうにかすれば見えるので、それほど大変ではないと思います。
人は多いのですが河川敷は広いですし、ちょっと離れればそこまで混んでないし、快適さを求めなければよく見える穴場のスポットはたくさんあります。

矢切近くの河川敷
花火大会の雰囲気を味わってなおかつ花火も見たいという人はやはり葛飾側で見たほうが良いでしょう。
河川敷は広いのですぐ近くでなければ座ってみることもできると思います。

北総線の方から河原に出て矢切の方から近づいていくとそれほど混雑していない場所も多くあります。
指定席会場に比べれば距離がありますが、一般的な感覚ではほぼ目の前のようなものです。

松戸市の河川敷
花火が見えれば混雑してないほうが良いという人は千葉県側から見るほうが絶対にいいですね。
人の多さや込み方が全然違います。

松戸市の川沿いにはゴルフ場があるのですが、そのゴルフ場が花火の時に開放されるんですよ。
ゴルフ場は終了時間が5時半です。
川の向こう側で上がっている花火がとにかくよく見えます!

場所取りしなくても余裕で座ることができますし、出店も少しでていたりするので雰囲気もありますね。

あとは北総線の矢切駅から行くという方法もあります。こちらもたぶん2~30分で余裕で見られる場所が見つかります。

柴又の観光スポットと口コミ

まとめ

そういえば地元の人は近くに行かずに道の隙間からみてる人も多いですね。近いところは混雑していますから。
でもとても距離が近い花火大会なので迫力があって大きな花火大会とは違った面白さがあって好きです。
今年は50回記念ですからとても楽しみです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です