市川市民納涼花火大会2016 場所取りは大丈夫?最寄り駅は?

fireworks_00063

千葉県の市川市民納涼花火大会は夏の大きな花火大会のひとつです。
じつはこの花火大会は江戸川区花火大会と同じ花火大会なんです、呼び方が違っているだけなんです。
見応えがあって見ないともったいないような花火大会なんですよ。

市川市民納涼花火大会 2016年は?
市川市民納涼花火大会の場所取りは?
市川の花火大会の最寄り駅は?

と言った疑問にお答えしていきます。

スポンサードリンク

市川市民納涼花火大会 2016年

第32回 市川市民納涼花火大会 2016年

日にち  : 平成28年8月6日(土)

時間   : 19:15~20:30

※荒天の場合は8月7日(日)に順延。7日も打上不可能な場合は中止

場所   : 千葉県市川市大洲3丁目地先江戸川河川敷

打ち上げ数  約14,000発

市川市民納涼花火大会ホームページ  

市川市民納涼花火大会は観客動員数が日本一です。なんと139万人もの人が見に来る花火大会なんです。

実はこの花火大会は千葉県市川市の「市川市民納涼花火大会」と東京都江戸川区の「江戸川区花火大会」が合同で行われているんです。
つまり江戸川のあちらとこちらで花火大会の名前が違うんですね。

花火を打ち上げるのは江戸川区側ですが対岸の市川市でもとてもよく見えます。

観客動員数は多いので混むのですが、江戸川区側に比べると市川市側のほうがまだ混み方がゆるくてゆっくりと見られるという利点があります。
空いてるわけではないですが、普通に座って見ることのできるゴージャスな花火ってかなり良さそうですよね。

人は多いのですが見られる範囲が広いのでそこまで激混みという感じではないですね。
どうにかすれば座って見られるのでのんびり楽しめて、子供連れや家族みんなで見に行くのにも向いているんじゃないかと思います。

市川市側のほうが屋台も出ていてお祭り気分も上がります、そしてゆったり見られて大満足できます。
今回は市川市側の見学場所やアクセスについてのご紹介をしていきます。

江戸川区側の見学場所やアクセスについてはこちらの記事をご覧ください。
江戸川区花火大会2016   

市川市民納涼花火大会の場所取りは?

市川市民納涼花火大会は人は多いですが広い範囲で見えるのでそこまでひどい混み方はしません。
夕方でもそれなりに座る場所も確保できるし、ギリギリに来てもちょっと座って見ることはできると思います。

とはいっても良い場所は早めに取られてしまうので、良い場所を取りたければ当日午前中には行ったほうが良いと思います。
一番良く見えるいところは有料席があるところですが、一般観覧席でも充分にちゃんと見えますので大丈夫です。

市川市の会場は2箇所あってメイン会場になる市川会場と、ちょっと離れたところにある行徳会場があります。

スポンサードリンク

市川会場は江戸川の河川敷のところです。
広い会場なので、混んではいますがそこまでひどい混雑という感じはないです。

夕方行けば2人くらいならなんとか場所を確保できるかな・・・という感じです。会場から離れたほうが場所はあいてるので、総武線の鉄橋や京葉道路の方に行くほど場所はとれそうです。
市川会場は屋台もたくさん出ていて、本当に夏祭りの気分がたっぷり味わえます。

あまり時間ギリギリだとちょっと厳しいかもしれないので、はじまる1時間前には行ってたほうがいいでしょうか。

もうちょっと空いてる所が良いというなら「大洲防災公園」とかどうでしょうか。
ちゃんと見えるようですよ、ちょっと遠いですけどね。穴場として人気出てきてますね。
そこそこ人はいるようですが座れないことはないでしょう。

江戸川区側もそうですが、総武線の鉄橋と京葉道路のあいだだったらどこでも見える場所だと思います。
河川敷は基本的に遮るものがないので見通しはすごく良いですよ。

もう一箇所の会場の行徳会場ですが、こちらはやや離れたところにあります。京葉道路をこえて旧江戸川と分岐するところです。
でもちゃんと見えるし混んでいないのでゆっくり余裕を持ってみたいという人はこちらがおすすめです。小さい子供がいるので混雑してると不安だという人もここならなんとかなりそうですね。
ただしこちらの会場は屋台が出ていないらしいです。

花火大会に持って行ったほうがいいものはこちらの記事を参考にしてください。
花火大会に便利な持ち物

市川市側の会場には有料席があります。
場所取りをしたくないけどいいところで見たいというときは、有料席を利用してみても良いんじゃないでしょうか。チケットぴあでも売り出します。

売り出し時期や詳細はホームページを確認してください。
市川市民納涼花火大会ホームページ

市川の花火大会の最寄り駅は?

市川市民納涼花火大会の市川会場最寄り駅はJR総武線「市川駅」か「本八幡駅」、または京成線「国分台駅」か「市川真間駅」です。
市川駅からは15分くらい、国分台駅と市川真間駅からは20分位です。本八幡駅からは30分ほどかかりますが、京葉道路側の一般閲覧席に行くにはこちらのほうが近いかもしれません。

行徳会場の最寄り駅は東京メトロ東西線「妙典駅」です。妙典駅から行徳会場までは17分です。
こちらは比較的すいています。

どの花火会場でもそうなんですが問題は帰りですよね。帰りは一斉に駅に人が押しかけるのでとんでもないことになってしまいます。

市川市の方は江戸川区の篠崎駅ほどではありませんが混雑します。
とくに市川駅は混雑して駅の中に入れない人が大勢います。
市川駅よりは本八幡駅のほうがまだいいかもしれません。

市川市の観光スポットと口コミです

まとめ

市川市側の花火会場は屋台も出ているのでお祭りの気分が満点ですね。
江戸川区側では河川敷に屋台は出ていないので、より夏の雰囲気を味わいたいなら市川の方で見てみてはどうでしょう。
夏のお祭りと行ったら屋台と花火!言うことないですね♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です