紅茶の入れ方 ティーバッグでアイスやアレンジした飲み方もできる

美味しい紅茶を飲みたいけど、ティーバッグでは無理でしょうか?

確かにリーフティーのほうがおいしく淹れることはできます。
でもやり方次第ではティーバッグでもおいしい紅茶を入れることも出来るんですよ。

ティーバッグの美味しい入れ方やアイスティーの作り方、さらにアレンジの方法などおお伝えしていきます。

スポンサードリンク

紅茶の入れ方 ティーバッグを使って

ティーバッグには細かい茶葉が入っていて、短時間で出せるようになっています。そして後片付けがものすごくラクです。ティーバッグを取り出すだけでお茶っ葉の処理ができるんですからね。そんな手軽なティーバッグをもっとおいしく淹れるにはちょっとしたコツが有ります。

紅茶をおいしく淹れるコツはお湯と茶葉にありますが、ティーバッグでも同じことです。

リーフティーのようにジャンピングさせることができないティーバッグの場合は、いかに旨味だけを出すかを考えて入れましょう。
「旨味を出す」ということも大事ですが「いかに雑味を出さないか」ということも大切です。

30cfcc9a76889e1c9f1bb2e8188dcff5_s

ティーバッグの美味しい入れ方

  • 汲みたての水を沸かしましょう。
ポットのお湯はできるだけ避けて、新たにお湯を沸かしてください。これだけで全然違いが出ますよ。どうして汲みたての水が良いのかというと空気を沢山含んでいるからです。

  • お湯はしっかり沸騰させて下さい。
ボコボコ泡が出るまで沸騰させても実際にカップに入れると95度くらいになってしまいます。

  • カップを温めます。
いきなり紅茶を入れようとしないで、必ずカップを温めてください。温めたお湯は捨てて下さいね。
カップにお湯を注ぎ、その中にティーバッグを入れてください。

ティーバッグを入れたカップにお湯を注ぐのではなく、
お湯の中にティーバッグを入れるようにしてください。

  • カップの上に蓋をして蒸らします。
フタはなんでもかまいませんが、お皿をかぶせるのが一番簡単です。

  • そのまま指定の時間おいておき、時間が来たらティーバッグをとりだします。
このときにあまりバシャバシャ振ったりしないようにしてください。
ティーバッグをスプーンでおさえつけて絞る人もいるようですが、あれはわざわざ不味くしているようなものです。あまり振り回すと雑味の元のタンニンがたくさん出てしまいます。ティーバッグを取り出すときに軽く降って中をなじませます。

ストレートで飲むも良し、ミルクを入れるのも良し、お好きに飲んでくださいね

今までタンニンの苦味を紅茶だと思っていた人には薄く感じられるかもしれません。そのうち紅茶自体の味がわかるようになると思います。どうしても薄く感じてしまうようならお湯の量を3割ほど減らすか、ティーバッグを2つ入れてみてはどうでしょう。

おいしいティーバッグです

紅茶の入れ方 ティーバッグでアイスティー

アイスティーを作る方法は2つあります。
温かい紅茶を入れて冷やす。
水出し紅茶を作る。

  • 温かい紅茶から作る場合
温かい紅茶から作るときはまず普通にホットティーを作ります。お湯の量を半分にして濃い目で作ってください。氷のはいったグラスにホットティーを注ぎます。これでできあがりです。

9dab832afb9ad021146241f2512bf3e7_s

  • 水出し紅茶
水出し紅茶は作るのに時間がかかるのですが、雑味が少なくて飲みやすいアイスティーができます。夜に作っておけば翌朝にはできていますよ。
ティーバッグひとつで4~500mlほどできるので、ペットボトルにそのまま入れても作れます。薄いようなら水を減らして作って味を調整してください。
そのまま冷蔵庫に入れておけば氷を入れなくてもいいので薄まりません。暑い時やごくごく飲みたいときにいいですよ。

スポンサードリンク

紅茶をアレンジした飲み方

たまには紅茶をちょっとアレンジして飲んでみるのもいいかもしれません。気分転換にも最適です。

  • ホットティーを使ったアレンジ
はちみつれもんを入れた「はちみつれもんティー」
はちみつの優しい甘さとレモンのさっぱり感が嫌味がなくてとても飲みやすい紅茶です。
レモンのはちみつ漬けを作ります。レモンを輪切りにしてはちみつにつけておくだけです。レモンは皮付きでも無くてもどちらでもかまいません。個人的には国産の無農薬レモンの時だけ皮付きにしています。一晩おけば出来上がります。
ホットティーを入れて、そこにレモンとはちみつを少し入れれば出来上がりです。レモンのはちみつ漬けは疲労回復にもオススメです、疲れているときに飲むとホッとします。

  • アイスティーを使ったアレンジ
アイスティーとオレンジジュースで「アイスオレンジティー」
作ったアイスティーにオレンジジュースを入れるだけです。オレンジジュースによって割合を多少変えたほうがいいかもしれませんが、半分ずつでいいと思います。炭酸が入っているオレンジジュースでもものすごく合います。

色んなアレンジをしてみるのも楽しみが広がっていいですね。

まとめ

ティーバッグは手軽で簡単なので、時間のないときや疲れている時には本当に助かります。
手軽なだけじゃなくできるだけ「おいしく」紅茶が入れられるともっとうれしいですよね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です