夏バテに豚肉が効果的 栄養の組み合わせや疲労回復レシピ!

eef997575133920364cc7f7a90303859_s

夏バテで疲れが取れないときは栄養のあるものを食べると効果があります。
夏の疲れに効果的なのが豚肉料理です。

夏バテには豚肉が効果的?
豚肉の栄養を高める組み合わせは?
豚肉の疲労回復レシピは?

と言った疑問にお答えしていきます。

スポンサードリンク

夏バテに豚肉が効果的

夏の疲れを解消するにはしっかり栄養を取るということも大事です。
食欲がなくてさっぱりしたものばかり食べていては元気になれませんからね。

そこで豚肉料理です。
お肉はなんだかんだ言っても栄養があって元気が出る食べ物です。

「夏バテに豚肉料理」と言われている理由は「ビタミンB」と「タンパク質」が豊富だからです。

豚肉はビタミンB1がものすごく豊富で牛肉の10倍量が入っているんだそうです。
このビタミンB1は糖質からエネルギーを作り出す働きを助けています。

ごはんなどの炭水化物(糖質)はエネルギーの元になる大事な栄養素です。
でも糖質だけでは上手くエネルギーを作り出すことはできません。

身体の中できちんとエネルギーを作り出せないと疲れやだるさを感じやすくなり元気に活動できません。
ようするにこれが夏バテの状態です。
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える過程で必要な栄養素です。

汗をかく事が多い夏はビタミンBも不足しがちです。汗といっしょに流れてしまうことがあるからです。
そこでビタミンB1を食品から摂ることで不足分を補う必要があるんです。

夏バテの疲労回復に豚肉と言われるのは、身体の中でエネルギーを作り出して元気にしてくれるからなんですね。

ナイアシンはビタミンB群のひとつで、消化や代謝を促す働きがあります。
糖質や脂肪をエネルギーに変える働きがあります。

豚肉は抗酸化作用を持ったビタミンB2やビタミンEも豊富なので老化防止にも効果的な食材です。

豚肉のタンパク質はバランスが良くて、消化吸収にも優れています。
夏の弱っている胃腸にも無理なく食べられるタンパク質です。

あまり脂を取りたくなければヒレ肉にするといいと思います。
豚ヒレ肉100gのタンパク質は22.8g、カロリーは115kcalです。

多少脂が入っているもも肉はタンパク質が20.5g、カロリーは183kcalです。

意外に低カロリーですね。

スポンサードリンク

豚肉の栄養を高める組み合わせ

豚肉料理が夏バテによく効くというのはわかりました。
でも食材の組み合わせでもっと効果的に食べることが出来るんです。

レモン、お酢、梅干しなどのクエン酸
クエン酸とビタミンB1をいっしょに食べると、その効果は倍増します。
クエン酸自体も疲労回復効果があり、夏バテにおすすめの食材です。

じつは夏バテにいいと言われている豚肉も食べ過ぎるとピルビン酸という疲労物質に変わるものを作り出してしまいます。
これではせっかく疲労回復に豚肉を食べても逆効果になってしまいます・・・

そこでクエン酸をいっしょに食べると疲労物質になるピルビン酸がクエン酸に変化します。
相乗効果で疲労回復を解消してくれますよ。

ネギ、にんにく、にらなどのアリシン
ネギ科の食材は「アリシン」を含んでいる事が多く、このアリシンはビタミンB1の吸収を高めてくれます

さらにアリシンは疲労回復、食欲増進効果、血液サラサラ効果がありますので夏の食材にはもってこいです。
そして胃液を分泌させる作用があり、食欲を増進する働きがあります。

にんにくやネギなどを調味料や薬味として上手に使うと疲労回復効果も倍増です。

豚肉がいいからといって肉だけをガンガン食べてもダメなんですね。
組み合わせというのがとても大事なようです。

夏だったら豚しゃぶにはトマトをつけあわせたりポン酢をつかったり薬味にネギやにんにくを使うなど、クエン酸とアリシンを一緒に摂るように気をつけるといいですよ。

とんかつにレモンは理にかなっているんです。付け合せの野菜にドレッシングやマヨネーズをかけるのも良いです。
食べる前にみかんを食べたりトマトジュースを飲むだけでもOKです。

豚肉の疲労回復レシピ

やはり夏の暑さには冷やし豚しゃぶでしょう。
クエン酸とアリシンも一緒に取るようにしましょう。

豚しゃぶサラダ  2人分

豚ロース薄切り  200g
きゅうり     1本
トマト      1個 
レタス      4分の一

タレ
長ネギ      10センチ
にんにく、生姜  ひとかけ
しょうゆ     大2
砂糖       小2
酢        大1
ごま油      大1
白ゴマ      少々

きゅうりは薄切り、トマトは2センチの角切り、レタスは適当にちぎる
長ネギをみじん切り、にんにくと生姜はすりおろし材料を混ぜてタレを作る
鍋でお湯を沸かし酒を入れて豚肉を茹で、ペーパータオルを引いた皿に取り出して冷ます
野菜と豚肉を盛りつけてタレをかける

もし手間をかけてもいいならレタスを軽く茹でると更に美味しいです。
レタスを沸騰したお湯で2秒位茹でてすぐにザルにあけて冷水で冷やします。
にんにくと生姜はチューブのものでもかまいません。
豚肉を氷水で冷やしてもいいですが、やや水っぽくなります。
トマトとお酢でクエン酸が、にんにくとネギでアリシンがとれます。

関連記事
夏バテに梨

まとめ

そういえば暑い沖縄では豚肉料理がたくさんあるんですよね、旅行に行った時に食べた記憶があります。
日本有数の長寿県沖縄で豚肉料理がたくさん食べられているというのは疲労回復して元気になる食材だからなんでしょうね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です