アラフォーで髪がバサバサになるのは睡眠不足?髪質改善食事は

f49f743d37e9553fcf0cb770793d5e82_s

アラフォーになってからなんだか髪がぱさついてきてる・・・そんな悩みありませんか?
髪の毛がバサバサだとまとめるのが大変だし、なにより見た目年齢も老けてしまうのがいやですよね。

アラフォーで髪がバサバサになる理由は?
睡眠不足で髪がバサバサになる?
髪質改善に良い食事とは?

と言った疑問にお答えしていきます。

スポンサードリンク

アラフォーで髪がバサバサになる理由

どんなにおしゃれをしても髪の毛がバサバサだとなんとなくしっくりこないような気がしてしまいます。
やはり髪が綺麗でまとまっていると印象が良いんですよね。おまけに若く見えるし!

でも30才半ばくらいから髪の質感が変わってきている人が多いんです。
若いころは艶があって綺麗な髪だったのに、30代からパサツクようになってきて、40代になったらバサバサでまとまらなくなった・・・

でもどうして30代、40代で髪のパサつきが出てしまうんでしょうか?

原因のひとつが生活環境です。
これは睡眠不足や不規則な食事、栄養のかたより、ストレス等によるものです。

ストレスと髪質ってどんな関係があるのかと思いますが、じつはものすごく関係あるんです。
ストレスは血行を悪くしてしまうので、頭皮の環境を悪化させます。

アラフォー世代の女性は生活が変化する時期ではないでしょうか。
仕事をしているなら責任のある仕事を任される、部下ができて教育をしなければならない、より高い結果を求められるようになった・・・こういった変化が起こる世代じゃないでしょうか。

子供がいるなら子育ての悩みや、疲労などに、ママ友付き合い、地域の付き合い、親戚付き合いなど・・・とにかく色々なことをやらなければなりません。

仕事と子育ての両立に悩んだり、やることが多くて時間がないし、不満があっても吐き出す場所がないし、なんか色々大変!!
・・・というアラフォー女性はそれはもうストレスだらけですね。

ストレスは発散できないと身体に影響が出てしまいやすいです。
その影響のひとつが血行不良です。

血行不良で頭皮の血流が悪くなると当然ながら髪の毛にも影響が出てきます。
血行が悪いと栄養不足になって髪質が悪化してバサバサになってしまうことがあります。

ストレスのほかにも睡眠不足でも頭皮の状態は悪化します。
ダイエットで食事が偏って髪が栄養不足になっていることもあります。
自分の生活の中に髪を傷める原因になることがいろいろあるかもしれません。

頑張ってお手入れしても良くならない、髪の質が昔と違っている気がするという場合はこういったことも原因かもしれません。

もちろん外からのお手入れは大事なので頭皮をいたわって髪に負担をかけないようにしていきましょう。
シャンプーを地肌に優しいものに変えたりすることも良いですね。



バサバサの髪を改善する集中トリートメントなどもあります。
生活の見直しとともに外側からもちゃんとお手入れしていきましょう。
髪の傷みを一週間でケアする事ができるセットです。



年齢による髪のうねりはこちらの記事も参考にしてください
年齢による髪のうねり

生活習慣で髪の状態が悪くなリバサバサになってしまいます。
「睡眠」「食事」「ストレス解消」といったことは意識するようにしてくださいね。

睡眠不足で髪がバサバサ

睡眠不足になると成長ホルモンが足りなくなってしまいます。
そしてこの成長ホルモンが足りないことによって髪の状態が悪くなってしまいます。

成長ホルモンというのは成長期の子供に必要なホルモンですが、成長期を過ぎても少しずつですが出ています。
大人になっても成長ホルモンの働きによってかなり助けられているんです。

成長ホルモンの働きはタンパク質の合成や糖質や脂質の代謝などです。
そして傷んでいる組織を回復修繕してくれます。

たとえば皮膚のダメージがあったとしたら、成長ホルモンで回復を促して壊れたところを修理してくれます。
頭皮のダメージがあった場合も回復する手伝いをしてくれるわけです。

さらに成長ホルモンは抜け毛予防や発毛や増毛の作用があります。
これは成長ホルモンを使った治療をした人の話なのですが、確かに納得できます。
タンパク質を体内で作り出す働きを高める作用が成長ホルモンにはあるからです。

髪の毛はタンパク質でできてるので当然かも知れません。

こういった成長ホルモンの作用をしっかりと体感するには質の良い睡眠が必要になります。

アラフォー世代の女性は色々と忙しくて睡眠時間がキチンと取れないということも多いでしょう。
家族のお弁当を作るために早起きしているという人も多いですし、仕事が忙しいという人も多いでしょうし、家族の介護をしている人もいるし、何かとやることが多くて睡眠時間を剤っている女性は多いと思います。

でもとりあえず「量よりは質」と考えて短時間でも良い睡眠を取るようにしてください。
そのための睡眠の環境を整えることも大事かもしれません。

もし不眠症気味ならこちらの記事も参考にしてください
不眠症の症状や原因は?  

ドライヤーの熱がストレスになってる可能性も・・・



髪質改善に良い食事とは

髪の毛はタンパク質で出来ています。
なので髪の材料になるアミノ酸が足りなければ良い髪にならないのは当然です。

ダイエットで必要な栄養を取らないと栄養不足で髪質に悪影響が出ることがあります。
ダイエットは必用な栄養素は減らさずにカロリーを上手く減らすようにしましょう。

髪の毛のケラチンはアミノ酸なのでタンパク質をキチンと食べましょう。
肉・魚・卵・大豆などに多く含まれています。

タンパク質というと肉類を思い浮かべるかもしれませんが、肉ばかり食べていると今度は栄養バランスが悪くなってしまいます。
下手をすると抜け毛の心配をすることになるかもしれません。

タンパク質をきちんと吸収して働かせるためにはビタミンやミネラルが欠かせません。
特にタンパク質を吸収するのにはビタミンBを一緒に取ることも大事です。

頭皮の状態を良くするためにはビタミンA、ビタミンB、ビタミンEなども必要です。
ビタミンAは抗酸化作用があり乾燥肌を予防してくれます。ビタミンCも抗酸化作用があり健康な肌を作ります。ビタミンEも抗酸化作用をもち血行を良くします。

できれば毎日食べて欲しいのが野菜、海藻類、ごま、きのこなどです。
ミネラルが足りないと髪はぼろぼろになります。

食事はバランスが大事なので、タンパク質やビタミン・ミネラルを偏りなく食べるようにしましょう。
特に魚介類は低カロリーのものも多いのでダイエット中でも是非食べてください。

スナック菓子やファーストフードは栄養のバランスが悪くなるので気をつけてくださいね。

もしかすると栄養不良や血行不良で髪がバサバサになってしまっているのかもしれません。
髪質を改善するためにもきちんとした食事をするように心がけてくださいね。

関連記事
髪の枝毛がひどい!
年齢による髪のうねり

まとめ

髪をバサバサにする原因はほんとうに色々あります。
アラフォー女性は公私共に多忙な時期なので大変だと思いますが、キレイに歳を重ねるためにも見直せるところは変えていってくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です