七五三の写真はいつ撮る?前撮りがおすすめ?日焼けどうする?

173d428171ffb5f1a812f8f5d3c35f0e_s

11月15日は七五三です、子供が大きくなるのってほんとに早いですよね。
そこでちょっと悩むのが七五三の写真をどうするかということ・・・

七五三の写真はいつ撮る?
七五三の前撮りがおすすめな理由は?
七五三の前撮りで日焼けもOK?

と言った疑問にお答えしていきます。

スポンサードリンク

七五三の写真はいつ撮る?

子供の成長を祝う七五三は11月15日です、その前後の土日にお参りに行くことが多いと思います。
10月くらいから七五三にお参りの子を見かけるようになって11月中がピークという感じでしょうか。

この七五三の記念写真ですが、いつ撮ろうか迷う方も多いと思います。

当日に写真をとってお参りにも行く
写真は前撮りしてしまう
写真を後撮りする

この3パターンが有ります。
それぞれにメリットとデメリットがあります。
どうすれば子供に負担がなくて可愛い写真をしっかり撮れるのか、いろいろ考えてみましょう。

  • お参り当日に写真をとる
当日に撮影とお参りをする場合、一日で全部終わらせることができるので親の負担が少ないというのがあります。
前撮りや後撮りは別に一日かけなければなりません。

写真を別撮りするとお参りの時は何を着せて行こうかと考えてしまいますが、着付けや着替えをしてから出かけるのでそういう悩みもありません。

デメリットとしては写真館が混んでいるので予約が取りづらい、撮影に時間をかけられない、朝早くから行動するので子供が疲れる・・・という事があります。

10月、11月の写真館は混んでいて土日は一日に20組以上の撮影をすることもあるんだそうです。
着付けとかも流れ作業ですし、撮影も何時間も待ったり後ろに何組も待っている事があり落ち着かないかもしれません。
そして朝早くから着替えて撮影をしてそれからお参りして・・・となると子供が疲労して不機嫌になってしまうことがあります。

落ち着いた子や大きくなっている子は大丈夫かもしれませんが、3歳の子には負担があるのであまりオススメはしません。

  • 写真を前撮りする
前撮りは写真だけ先に撮影してしまうという方法です。
前撮りは写真館によってキャンペーン等でオトクな料金が設定されていることもあります。
そして何よりゆっくり撮れるので、子供の負担が少なくすみます。

混んでいない場合は衣装を好きなだけ選べるし、手間をかけてもらえるし、ゆっくりと余裕を持って撮影ができます。
子供もそれほど疲れなければ笑顔で撮影出来て可愛い写真が撮れます。

デメリットとしては撮影のために一日かけなければならないので時間的な負担があります。
それから3歳の子は特になれない場所で着替えたりするのが不安で泣いてしまったり笑顔が撮れないこともあります。
5歳、7歳の子は大丈夫な子が多いでしょうが、3歳は幼すぎて前撮りはむずかしいかもしれません。

  • 写真を後撮りする
後撮りは七五三のお参りが終わったあとで後日ゆっくりと写真だけ撮影するというやり方です。
後撮りはすいている時期ならゆっくりと余裕を持って撮影できます。
12月の撮影でもいいですが、1月の成人式が終わってからしばらくは写真館もすいているので実はものすごく狙い目です。

夏に日焼けしてしまったお子さんでも冬なら肌は白くなっていると思います。
着物を着るなら日焼けしてないほうが似合いますからね。

そして子どもは数ヶ月の違いでものすごく成長します。
3歳のこどもはイヤイヤ期で言うことを聞かないしヘアメイクも嫌がって泣いたりするし、衣装も着替えを全力で拒否したりしちゃいますよね・・・
特に数え年での七五三は2才ちょっとですから、言い聞かせてなんとかなるものでもありません。

でもこの年令はほんの数ヶ月でものすごく成長するんです。ほんの数ヶ月の違いでちゃんとおとなしくできるようになったり、身体も成長して大きくなってるので着られる衣装も多くなります。
女の子は綺麗な衣装を喜んで着てくれるようになる子が多いみたいです。

おとなしく写真を撮らせてくれて、なにより笑顔の可愛い写真がたくさん撮れる方がずっと良い気がします。
もちろん3歳の子だけじゃなくて5歳、7歳の子でも同じです。

デメリットとしては七五三のお参りも終わってしまうと気分的に面倒になってしまうということです。
それからあまり遅くなってしまうと成長してしまってイメージが違うこともあるかもしれません。

こうして見ていくと3歳の子は後撮り、5歳と7歳は前撮りか後撮りがおすすめです。
時期としては日焼けしてない12月から6月くらいまでが良いんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク

七五三に前撮りがおすすめな理由

子供専門の写真館や街の写真館や写真スタジオなどで七五三の撮影プランはたくさんあります。

写真館によっても違いますが、「撮影+写真代」で着付けや着替え、簡単なヘアメイクは無料でしてくれることも多いと思います。
衣装は持ち込みでもかまいませんが、好きな衣装を好きなだけ選んで着られるというレンタルが大人気です。

当日に写真撮影してお参りに行くのは一日で全部終わらせることができます。
でもものすごく混んでるし料金も割引無しですし、こどもがぐずってもある程度で妥協しなければならなかったりします。

前撮りや後撮りは一日時間が必要になりますが、時間の都合がつけやすいのでお休みの都合とか祖父母を呼んだりするなども対応しやすいんです。
すいているので家族写真も満足するまで撮れますよ。

子どもは体調を崩しやすいものですが、そういう時でも予定を変更しやすいというのもあります。
別の日に変更するのもわりとスムースです。

また、写真館によっては写真を前撮りや後撮りすればお参りの当日に外出用の着物をレンタル着付けしてくれるところもあります。
写真館によって違いますのでプランをよく確認してくださいね。

七五三の前撮りで日焼けもOK

子どもは夏のプールなどで日焼けする子が多いと思います。
保育園などで外遊びを必ずすることにしているところもあります。
そして日焼けしてしまうわけです。

日焼けは元気な証拠ですが、日焼けは着物だと合わないことも多いです。

9月までは前撮りプランありという写真館も多いですが、梅雨明けしてしまうと日焼けが問題になります。
8月は日焼けがピークでしょうし、9月もまだかなり残っているんじゃないでしょうか。

日焼けしていない写真を撮りたければ焼けてない時期に撮るしかありません。
梅雨明け前に撮ってしまうか、色がしっかり落ちた年明けに撮るかでしょう。

撮影時期をよく考えて可愛いい写真をたくさん残してくださいね。

まとめ

七五三の写真は大きくなってからも大人になってからも見ることがあります。
なので、ぜひとも可愛くて素敵な写真を撮っておきたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です