結婚式ウエルカムボードアイデア ブライダル似顔絵や黒板

bb00c1a97241b7fc470a62d7fd185728_s

結婚式の入口に置かれるウエルカムボード、二人のおもてなしを感じることができます。
会場に入る前に目にするので以外に目立つものですが、業者に頼まずに自分たちで用意する人も多くいます。

結婚式のウエルカムボードのアイディアは?
ブライダルウエルカムボードを似顔絵で作るのは?
ウエルカムボードに黒板を使ってみるのは?

と言った疑問にお答えしていきます。

スポンサードリンク

結婚式ウエルカムボードのアイディア

結婚式のウエルカムボードを自分たちで装飾して作る方は多いですね。
会場に入る前にゲストに感謝の気持ちを伝える演出なのでちょっと手間ひまをかけてみたという方も多いようです。

文字は出来合いのものでも、回りに花をあしらってみたり、すてきな額縁に入れてみたりと工夫次第で色々なことができます。

どういう演出をしようか迷ったら、二人の共通の趣味や好きなモノをモチーフにしてみてはどうでしょうか。

例えば付き合うきっかけがスノボだったら、スノーボード風のウエルカムボードにしてみては?実際のボードをどうにか使ってもいいし、形だけスノーボードふうに作っても良さそうです。

ふたりともドライブが好きでデートはいつも車でお出かけというカップルなら、二人がオープンカーに乗って手を振っている絵を書いてボードにしてみるとかは?

ディズニーランドのパスポートでしょっちゅうお出かけしているというディズニー好きのカップルなら、ミッキーのモチーフで楽しさ演出のボードができそうです。

なにか得意なことがあるならそれを利用して作ってみるのもいいですね。

たとえば書道をしているなら筆で書いてみては?きっちり楷書で書かなくても草書でサラッと歓迎の言葉を書いておくと、とっても雰囲気のあるステキなボードになりそうです。

ウエルカムボードはこちらも参考にしてくださいね。
皆さんホントにいろいろ工夫していてすごいですね。
結婚式ウエルカムボード アイデア写真

造花で綺麗に装飾して作っている方は多いですね。こういった装飾もセンスの見せ所ですが、お花自体が綺麗だし見た目がステキですからどうにかなリそうです。迷ったら花を使ってみてはどうでしょう。
フラワーアレンジが好きな方や得意な方はもちろん、やったことはなくても興味があるならトライしてみては?

スポンサードリンク

ブライダルウエルカムボードは似顔絵で

いろいろなウエルカムボードがありますが、似顔絵を書いて利用するということは多いですね。

絵が得意な人はぜひやってみてください。自分たちでは絵がかけないという場合でも、友人や知り合いで絵が上手い人がいたらお願いしてみても良いんじゃないでしょうか。

似顔絵と一口に言っても写真のように写実的なもの、デフォルメした漫画っぽいもの、特徴をうまく掴んだ個性的なもの、本当に色々なタイプが有ります。
色使いもパステル調でふんわりしたイメージのもの、原色多めでで躍動感が感じられるもの、イメージカラーをうまく使ったものなど考えればほんとうに色々な工夫ができます。

ウエルカムボードは文字だけのものが多いので、絵があるとそれだけで人目を引きます。

もしも手芸が得意なら手芸作品でふたリの顔を描いてみてはどうでしょう。
例えば刺繍が得意ならクロスステッチで似顔絵にしてみるとか・・・かなり手間暇かかりそうですが得意なことで演出できるのはすばらしいです。

キルト作品などは立体的なウエルカムボードになりそうですね。

得意なことがあるならうまく取り入れてみてください。

ウエルカムボードを黒板で作る

ちょうどいい大きさの黒板があればそれをウエルカムボードにしてみては?
特に同じ学校で学生時代から長く付き合っていたカップルで、ゲストも学生時代の友人が多めという場合はぴったりじゃないでしょうか。

黒板に二人の写真をピンで止めて、回りにチョークでイラストとウエルカムの言葉を書いてみてはどうでしょうか。
チョークも2~3色使ってカラフルにしてもいいし、写真を目立たせるように白いチョークだけでシンプルにしてもよさそうです。

付き合いはじめたばかりのころの初々しさが何となく伝わるんじゃないでしょうか。
ふたりの出会いの学生時代を演出するという一つの方法です。

別の黒板の使い方としては授業のように日付を書いて日直として二人の名前を書くというもの。これも学生ノリで面白そうです。
絵がうまい友人がいれば二人の顔を描いてもらっても良さそうです。

他にもちょっとおしゃれなカフェ風におもてなしの言葉を書いたりするのもステキです。

ゼクシィ お得な定期購読

まとめ

これからの二人の幸せを皆さんに伝えるウエルカムボード、工夫次第でいろんなことができそうです。
自分たちの個性を思い切り出しても良し、控えめに上品にお迎えするも良し、自分たちだけのステキなウエルカムボードを考えてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です