ゴルフウエアの冬メンズパンツ、防寒パンツやニット帽について

c7c78298409ad2abc6a6d2603b07374a_s

冬のゴルフは暖かくて動きやすい服装がいちばんです。特に男性は寒くても気にしない人がいる一方、寒さがつらくて悩んでいる方もいるようです。

冬のゴルフウエアでメンズパンツはどういうものが良い?
防寒パンツをゴルフウエアとして着るには?
ゴルフの服装でニット帽はどうなの?

と言った疑問にお答えしていきます。

スポンサードリンク

ゴルフウエアで冬のメンズパンツはどれが良い?

冬のゴルフは寒さに対する備えができているかどうかで「楽しい」か「つらい」かの分かれ目になります。あまりにも寒いと本当に途中でやめて帰りたくなってしまいますからね・・・

冬のゴルフウエアは機能性の衣料もいろいろでていますし、種類も本当に増えました。
自分が着やすい、動きやすい服装でプレイできるのがいちばんです。

冬はアンダーウェアは重要で暖かい機能性下着を揃えたほうが快適です。
もちろん上下とも必要です。

メンズウエアの冬のパンツもいろいろでていますが、暖かいものをちゃんと揃えたほうがいいですね。

普通のカジュアルパンツだと風が通ってかなり寒く感じます。
コーデュロイパンツやチノパンは初冬までならなんとかなるでしょうが、真冬はちょっときついんじゃないかと思います。
冬用の厚手のパンツを用意しておきましょう。

厚手でも動きやすく快適にプレイできるようなデザインのものは多いので動きに関しては気にならないと思います。登山用のパンツもゴルフウエアとして快適なものも多いです。

デザインが気になるという人もいるでしょうが、今は暖かくてかっこいいパンツもたくさん出ています。

たとえばできるだけスッキリと見えるようなものが良いなら裏フリースになっているパンツはどうでしょう。

寒さから守ってくれるけどモコモコではなくスッキリ見えるので人気もあります。見た目が普通のパンツでかっこよく履きこなせそうだし、価格もなかなかリーズナブルですよね。

今はデザインがステキな冬のパンツがたくさんあるので、寒さを我慢せず快適にラウンドしましょう。

ゴルフウェアの防寒パンツのはきかた

ゴルフウエアの防寒パンツについてですが、種類がいくつかありますよね。
パンツ自体が暖かくできている物も多いのですが、通常のゴルフスラックスの上に履く「防寒パンツ」もあります。

風を通さない生地で中綿で暖かく寒さを遮るようにできていることが多いです。
または表地がナイロンで中がフリースになっている「シャカパン」と言われているタイプのものもあります。

スポンサードリンク

そういった防寒パンツも寒さに弱い人は持っていたほうが良いんじゃないでしょうか。1月、2月のゴルフ場は考えている以上に寒いんです。体質的に寒さに強い人なら良いかもしれませんが、普通はかなりつらく感じると思います。
風を遮るものがないゴルフコース上では寒さを避けようがありませんから、対策はしっかりしておきましょう。

防寒パンツは通常のゴルフスラックスの上にはけるようにできています。ようするにパンツの二枚履きをすることになるのでかなり温かいです。
ただ防寒パンツはちょっと厚みがあってふんわりしているので、重ね履きすると余計にフンワリしてみえてしまいます。
防寒着なので周りの人も気にしないとは思いますが、自分が気になってしまうという方もいるようです。

アンダーウェアを着てその上に直接防寒パンツを履いてしまってもかまいません。
下に保温用のタイツやスパッツを履くことが多いと思いますが、その上に防寒パンツを履いてしまったほうがスッキリ見えますし動きやすいようです。

その日の気温にもよるでしょうが、そこまで寒くないような日ならそれで充分かもしれません。
練習場やショートコースで一度試してみてもいいかもしれません。自分に合った着用法で暖かく快適にプレイしてください。

冬ゴルフ⇒ あったかコーディネート

ゴルフの服装でニット帽は良いの?

ゴルフコースを回るときはできれば帽子の着用をした方がいいと言われます。
直射日光を遮るだけじゃなく、万が一ボールが飛んできた時に頭の保護になるからだそうです。確かにどこからかいきなりボールが飛んできたら危ないですよね。

さらに冬場は寒さ対策としても帽子をかぶったほうが良いでしょう。帽子をかぶるだけで耳元も暖かいですし体温がかなりキープできます。

冬のゴルフ場ではニット帽をおすすめします。ニット帽は伸縮性があるので隙間があかず、熱を逃がしにくくなっています。さらに頭にフィットした状態になるので邪魔になりにくいです。

人間の体は末端が冷えると温まりにくくなります。血流が良い人なら良いのですが、冬の屋外では血管が収縮して血流が悪くなっていることも多いですからね。
動き回っているうちに暖かくなったら帽子は脱げばいいわけですから、それまではできるだけ冷やさないように準備はしていきましょう。

ただ、ニット帽は慣れが必要な人もいます。ふだん帽子をかぶりつけていない人で違和感を感じる方もいます。
耳を覆うので音が少し聞こえづらいと感じる人もいます。

普段アクセサリーをしない人が指輪などをつけると違和感があるのと同じです。でも数日でなれることも多いですよね。
帽子も同じで何回かかぶってラウンドすると慣れてきます。
もしくは普段の冬のファッションに取り入れて慣れておくのも良いかもしれません。

ゴルフ用のニット帽と言ってもいろんなデザインのものがありますから、おしゃれとしても楽しめる自分に似合うタイプのものを見つけてください。

ゴルフについての記事はこちらにまとめてあります。
ゴルフについての記事一覧まとめ

まとめ

真冬のゴルフ場は春秋にくらべれば空いています。料金も安くなっていることが多いので寒さへの備えさえできていれば楽しんでプレイできます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です