バレンタインの自分チョコに世界三大チョコレートや人気商品を

a1370_000413

バレンタインデーには自分にチョコを買うという人が増えているようです。売り場に行くと本当にいろいろあって迷ってしまいますよね。

バレンタインに自分チョコを用意する?
世界三大チョコレートってなに?
自分チョコに人気のある商品は?

と言った疑問にお答えしていきます。

スポンサードリンク

バレンタインには自分チョコを

バレンタインには誰にチョコをあげますか?
恋人、家族、友人、上司などが多いでしょうか。
自分へのご褒美として「自分チョコ」を買う人が多くなっているようです。

バレンタインの時期は他の時期には見かけないようなチョコがたくさんあります。
ステキな箱にキレイなチョコが入っていて、それはもう心をわしづかみされちゃいます。
特にチョコレート好きの人には目の毒状態でしょう・・・

実は本命チョコの金額というのは平均すると3,300円なんだそうです
で、自分チョコの予算はそれを上回る3,954円なんだそうですよ。

チョコが好きな人にあげるなら予算をかけてもいいけど、価値がわからなそうな人にあげるのはべつに見た目がそれなりならいいかな・・・って思った結果みたいです。
女性は現実的というかシビアですね・・・

自分チョコが欲しくなる要因もものすごくそろっています。

  • 特別なパッケージ
バレンタインならではの特別パッケージをデザインしているメーカーも多く、ものすごく華やかです。
通常では置いていないバレンタイン用の箱やリボンが女心をくすぐります。

  • メーカーが力を入れている
一年を通してチョコレートが一番売れるのがバレンタインデーです。1年の売上の3分の1はバレンタインなんだそうです。メーカーはもちろんチョコを扱っているお店はそれはもう力を入れて売り出しをするわけです。
結果としてとってもステキなバレンタインアソートなどが並ぶわけですね。

  • 自分へのご褒美
常日頃から頑張っているんですもの、たまには好きなモノを食べて幸せな気持ちになりたいですよね。
自分へのご褒美があればまた明日から頑張れるという女性はたくさんいます。

  • チョコレート効果
チョコレートを食べることで特に女性は幸せを感じます。これは気持ちが充実するという意味と、幸せを感じるホルモンが活性化するからと言う意味があります。

デパートの特設会場に並べられたステキなチョコの中から、自分チョコを選ぶのはものすごく楽しいです。
バレンタインデーのこの時期にしかない限定品がたくさんあるし、美味しいものは自分でも食べたいですよね。
自分チョコ、今年は何を選びますか?

スポンサードリンク

世界三大チョコレートってなに?

世界三大チョコレートと言われているものがあります。どのチョコも食べたことがあるので個人的な感想もちょっと書いておきますね。(あくまでも個人的な感想です)

  • 第3位 ジャン・ポール・エヴァン
フランスのチョコレートです。
じつはジャン・ポール・エヴァン氏はペルティエ東京でシェフ・パティシエを勤めていたことがあります。その後パリで数店舗出店し、人気のショコラティエになりました。
日本にもお店があって空輸されたチョコレートが売られています。カカオ豆にこだわった深い味わいが特徴です。
都内ではリニューアルしたばかりの銀座三越、新宿伊勢丹などのデパート、東京ミッドタウンと表参道ヒルズにも店舗があります。2015年12月中旬に丸の内にチョコレートバーがオープンするようです。

個人的な感想としてはわりと大人っぽい嗜好のチョコレートではないでしょうか。食べやすくておいしいです。特にビター系は大人のカカオ好きの人が好む味だと思います。

  • 第2位 ピエール・マルコリーニ
ベルギーのチョコレートです。
ピエール・マルコリーニ氏はカカオ豆にとてもこだわっているチョコラティエです。カカオ豆を自分で買い付けに行き、農場を見て豆を選別して直接契約をするという素材へのこだわりが凄いですね。
都内の店舗は銀座店、羽田店、東京駅のGransta、渋谷ヒカリエに店舗があります。銀座店は改装でしばらくおやすみしていましたが2015年12月中旬にオープンするようです。

ピエール・マルコリーニもどちらかというと大人のチョコレートと言う感じです。カカオ豆の産地別セットが有るんですが、食べ比べると分かるものだな~と思いました。自分チョコならパッケージもセンスよく見た目の可愛さもあるプラリーヌにすると思います。

  • 第1位 ゴディバ

ベルギーのチョコレートです。
多分ゴディバは知っている人が多く、知名度としては一番の高級チョコレートではないかと思います。
各地にショップもたくさんあって入手しやすいですよね。ゴディバは手に入れやすい価格のセットも作ってくれているので、手土産や贈り物として選びやすいです。

ベーシックな美味しさがあって安心して食べることができるチョコレートではないでしょうか。自分チョコにするならバレンタイン限定アソートにすると思います。たいていトリュフと何種類かのチョコがセットになっているので楽しめるし食べやすいですね。

「世界三大チョコレート」と言われている理由は品質や見た目・イメージなど多くの人を納得させるすばらしいチョコレートだからそう言われているんだと思います。どのチョコも素晴らしいですよ。

自分チョコに人気の商品は?

チョコ売り場を見ているだけでも楽しいですが、自分チョコにおすすめの人気商品はどんなものがあるんでしょうか。
美味しさで人気のものを選んでみました。

  • ラ・メゾン・ド・ショコラ

味も一流ですが値段も一流、チョコ好きの方に贈るなら間違いないと思います。

ラ・メゾン・ド・ショコラのホームページ

  • レオニダス

ベルギーの王室御用達ブランドです。ベーシックなおいしいチョコレートです。

  • ロイズ

北海道を本拠地にしているロイズ、生チョコが美味しいです。コスパも言うことありません。

関連記事
バレンタインの友チョコ

まとめ

自分チョコ、今年はどうしますか?
迷うのも楽しいチョコ選び、美味しいチョコを選びたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です